このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 安全な塀や門の基本知識★

安全な塀や門の基本知識★

投稿日:2018/06/26

こんにちは
設計の瀬尾です。

暑い日が続いていますね!
湿気もあり蚊も出てきて刺されるようになりました(*_*)

急激な気候の変化は体調不良になることが多いので皆さまお気をつけください。
b2438e25d1b9fd3c40db9c5ca1382f37_m

先日打合せの中でお客様とのお話で大阪の地震の話題になり、
ブロック塀の安全性についてのご質問がありました。

ブロック塀は建築物につきものでとても身近で多く存在しているものなので、
それが災害時の脅威になるというのは恐ろしいですよね。
とても痛ましい事故でした。

外構工事における塀や門の役割は隣家や道路との”間仕切り”としての役割や、デザイン、防犯、といったことがイメージしがちですが、
大前提として災害に強いという事は重大なポイントです。

そのためには災害に強い構造デザインになっていることや、『強度が強い』『吸水率が低い』『品質』について気を付けることが大切です。

コンクリートブロックやレンガは決して腐らない無機材料なのですが、長く使用していると雨や大気中の炭酸ガスで劣化します。
ブロックが劣化すると、内部の鉄筋が錆びて、災害などをきっかけに倒れる危険性が出てきます。

錆びない鉄筋を使用することによって劣化を防いで安全性を持続することができます。




あんしん鉄筋1
e-エクステリア英建で防錆対策として,あんしん鉄筋(エポキシ樹脂塗装鉄筋)もご用意しております。

←「太陽エコブロックス(株)」カタログより

コンクリートの中性化による鉄筋の腐食を防止します。
ブロック塀などの構造物に外から侵入してくる酸性雨や塩分による腐食から鉄筋を守るので、海水飛沫帯や凍結防止剤の散布されるような厳しい腐食環境においても耐食性が確認されています。
あんしん鉄筋2

建築後長期間経過した後のお住まいのブロック塀の強度についてご心配の方、

e-エクステリア英建にはブロック塀診断士がおります😉

お住まいのブロック塀の安全性を診断して、必要に応じて補強などのアドバイスもできますよ👍

古くなったブロック塀の補強工事の施工実績も多数ございます。


⇩ 過去の施工例はこちら


補強工事1
鉄柱による補強の例です。
補強工事2


鉄柱の上部が引っ掛ける構造になっていて、鉄柱側だけでなく反対側へも倒れるにくい構造になってます。

鉄柱の仕上げは、マンションの外階段などに使われる耐久性に優れた「溶融亜鉛メッキ」で処理した鉄柱です。
NiwaNaviImage

ご心配の方はお気軽にご相談ください。
ホームページのお問合せページからでも、電話(048−960−1505)でもどうぞ。




外構・エクステリア、お庭の事ならe-エクステリア英建におまかせ下さい。

お問合せはコチラからどうぞ
Contact
TEL 048-960-1505
ブログカレンダー
<   2018-06   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
外構・エクステリア工事
有限会社英建

〒343-0023
埼玉県越谷市東越谷7-49-18
TEL:048-960-1505
ローン
セコム
T-POINT 貯まる・使えるお店

LIXILガーデンキャンペーンページへ
■施工エリア

埼玉県/越谷市、さいたま市、川口市、春日部市、草加市、三郷市、松伏町

その他/東京都、千葉県
その他地域の方も
お気軽にご相談ください